後継者育成サービス │ 全国対応、後継者育成の専門家が毎月訪問

後継者育成サービス

【対応地域】日本全国対応

03-6271-0185

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:日祝日

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

中小企業にはROEよりROAがお勧め

上場企業が経営の指標とするROE

先日のブログでROEについて、お話ししました。
その内容の一部を引用します。
上場企業の中期経営計画を見ますと、「ROEを10%以上」という項目が頻出です。

ここで、ROE(Return on Equity)とは自己資本(=株主資本)に対する当期純利益(又は経常利益)の割合です。
計算式は以下のとおりです。

roe%e5%bc%8f1

ROEの詳細については「中期経営計画に頻出するROEとは?」をご覧ください。

ROEとよく似たROAとは?

ROA(Return on Asset)とは、総資本(=負債+純資産)に対する当期純利益(又は経常利益)の割合です。
計算式は以下のとおりです。

roa%e5%bc%8f1

これは自己資本(=純資産)と他人資本(=負債)を用いて、利益をどれだけ効率的に獲得できたかを意味します。

また、ROAの計算式は以下のように分解することができます。

roa%e5%bc%8f2

上記のようにROAは「売上高純利益率」及び「総資本回転率」に分かれます。
それぞれの意味は次の通りです。

売上高純利益率:売上高に対してどれだけ純利益を獲得できたか、収益性を表します
総資本回転率:総資本がどれだけ回転したか、効率性を表します

これらの改善方法はROEと同じですので、「中期経営計画に頻出するROEとは?」をご覧ください。

ROEとROAの違いは?

それぞれの計算式を見ると分かりますが、分母が異なります。
ROEは自己資本(=純資産)であるのに対して、ROAは総資本(=純資産+負債)です。

そのため、ROEは株主からの出資である自己資本をどれだけ効率的に運用しているかを表しています。

一方、ROAは自己資本に加えて、金融機関からの借入金など他人資本も含めて、総資本をどれだけ効率的に運用しているかを表しています。

そのような性質があるため、株主からのプレッシャーの強い上場企業ではROEが重視されます。

中小企業にはROEよりROA

中小企業は株主と経営者が同じであることが多いです。
その場合、会社と株主が一体であるため、株主からのプレッシャーは上場企業に比べて弱いです。
従って、中小企業がROEを中期経営計画の目標にしてもあまりピンと来ません。

そこで、ROAを中期経営計画等の目標とすることをお勧めします。
つまり、総資本を効率的に運用して利益を獲得することを重視しましょう。

A社の総資産が1億円、B社の総資産が10億円とします。
そして、会社規模が10倍も違う両社の純利益がどちらも1,000万円とします。
roa%e3%81%ae%e6%af%94%e8%bc%83
このとき、それぞれのROAはA社は10%、B社は1%となります。

会社規模で比較するとB社の方が大きいので、両社が同業とすると、B社の方が大手企業でA社は小規模企業と言えます。
また、利益金額で比較するとどちらも1,000万円なので、差がないと言えます。

しかし、ROAで比較しますとその差は歴然ですね。
A社はB社よりも10倍効率よく利益を獲得しています。

A社は従業員も機械もフル稼働で効率よく働いていますが、B社は無駄が多く非効率な経営をしていると分かります。

あなたの会社のROAは何%でしょうか?
それを来期は何%に改善しましょうか?
ROAを計画の目標とすることをお勧めします。

>>後継者育成の専門家をお探しの方はこちら

無料相談受付中!
03-6271-0185
今すぐ、お気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に分かりやすく対応いたします。
【対応時間:9:00~18:00(月~土)】【休日:日祝日】
メールでのお問い合わせはこちらをクリック
Return Top