後継者育成サービス │ 全国対応、後継者育成の専門家が毎月訪問

後継者育成サービス

【対応地域】日本全国対応

03-6271-0185

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:日祝日

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

どのタイミングで会社を承継すべきか

会社を継ぎたくない・継がせたくない

事業承継に関する相談の中で、「後継者(子息)が会社を継ぎたくない」と言う方がいます。

そのような発言をする背景には様々な事情があります。

例えば、後継者候補が他社で会社員をしており、地元を離れた場所で家族を養いながら生活していますと、会社を継ぐことをためらいがちです。
会社を継ぐことは、配偶者の職場や子供の進学先にも影響する場合もあり、決して後継者一人の問題ではありません。

また、会社員と異なり、会社の代表者になりますと、会社全体の責任を負わなければなりません。
先代社長が多額の借入金を抱えていれば、その借入金も引き継ぎ、返済していかなければなりません。

さらに、会社の業績が安定していなければ、将来の生活に対する不安もあります。

他方、現経営者の方から「後継者(子息)に会社を継がせたくない」、「自分の代で会社をたたむつもりだ」と言う方もいます。

これは会社の業績が良くない場合や、自分のような苦労を子息にかけさせたくないという思いから出てきます。

廃業は事業承継より簡単

会社を継がない、あるいは、会社を継がせずに廃業することは、事業承継より簡単です。

経営者が○月○日に会社の営業を終了するので、それまでに債権者に債務を完済し、従業員の再就職の手配をするなど、これまで会社に関わっていただいた人に迷惑を掛けないようにしていけば良いのです。

しかし、廃業することはホントに社長の望んでいることでしょうか。
できれば子息に、あるいは親族外でも会社を継いで欲しいのではないでしょうか。

社長は不老不死ではありませんので、一人で未来永劫働き続けることはできません。

創業者で会社に対する想いが強い人ほど、自分と会社は一心同体で、仕事だけが生き甲斐という方が多くいます。
その情熱は大変素晴らしいのですが、社長の死と会社の終わりを同一視してはいけません。

社長が仮に亡くなったとしても、会社という法人は生き続けます。
社長がこれまで情熱を注いできた想いを承継してくれる人がいれば、会社は生き続けます。

社長が、創業者が、掲げた経営理念はもうすでに体現されましたか?
目標はすべて実現しましたか?

その会社が役目を十分に果たし、もう必要ないと考えるのならば、廃業しても良いでしょう。

しかし、まだ役目を十分に果たし切っていない、今後も経営理念を尊重してほしいと思うのならば、誰かに承継してもらった方が幸せではないでしょうか。

会社を承継する選択肢があること

世の中に会社を承継する選択肢がある人はなかなかいません。
近年では親族内承継は減少傾向にありますが、それでも経営者の子息には宿命的に会社を承継する選択肢があります。

このことを良い悪いと評価するのではなく、その選択肢があることを受け入れて前向きに発想するしかありません。

後継者がゼロから起業するよりも、今ある会社を承継した方が、事業の見込みが立ちます。

ゼロから起業しますと、得意先も従業員も信用力もないないづくしです。
しかし、会社を承継するなら社内にも社外にも協力してくれる人がいます。

会社を承継することで苦労はありますが、その分、会社員では経験できないことがたくさん経験できますし、やりがい・達成感も感じることができます。

会社員として働くことも、後継者として会社を承継することも、どちらも働き方の選択肢です。
そのため、後継者として会社を承継する選択肢があることは喜ばしいことです。

どのタイミングで会社を承継すべきか

「後継者(子息)に会社を継がせたくない」と言う理由として、会社の業績や将来性が挙げられます。

会社の業績を理由に挙げられる場合、会社の業績が一体どの程度の水準になったら、後継者に会社を継がせたくなるのでしょうか。
営業利益が3期連続黒字だったら、債務超過を解消したら、債務償還年数が10年を下回ったら、色々な条件を考えるかもしれません。
もし、そのような一定の水準があるのならば、その水準を達成するように後継者と一緒に努力すれば良いだけの話ではないでしょうか。

また、会社の将来性がないことを理由に挙げられる場合、なぜ、社長は今の事業に将来性のないことを分かっていながら、事業を続けているのでしょうか。
自ら新しい分野に挑戦できないのなら、新規事業を全面的に後継者に任せも良いのではないでしょうか。

会社の経営改善も新規事業も後継者にとって貴重な経験と自信となります。
失敗を恐れては何もできませんし、事業承継後に後継者が失敗したら回復できないかもしれません。

つまり、承継のタイミングと会社の業績や将来性は関係ありません。
後継者の方に会社を継ぐ意思と覚悟があれば、後継者を育てていけば良いのです。

強いて承継のタイミングで重要と考えるのは、後継者の年齢ぐらいでしょうか。
個人差はありますが、理想的には40代で承継するのが望ましいです。

>>後継者育成の専門家をお探しの方はこちら

無料相談受付中!
03-6271-0185
今すぐ、お気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に分かりやすく対応いたします。
【対応時間:9:00~18:00(月~土)】【休日:日祝日】
メールでのお問い合わせはこちらをクリック
Return Top