後継者育成サービス │ 全国対応、後継者育成の専門家が毎月訪問

後継者育成サービス

【対応地域】日本全国対応

03-6271-0185

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:日祝日

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

後継者はヒトを動かすことが苦手?

経営者はヒトを上手に動かす

会社経営を行っていくためには、経営者一人が頑張ってもすぐに限界が来ます。

ワンマン経営は個人事業の延長に過ぎませんし、一人の経営者がずっと100点満点を出し続けることもできません。

そこで、一緒に働く従業員の力を存分に発揮できるように環境を整えてヒトを動かすことも経営者の大事な仕事です。

しかし、経営者はこのことを仕事として認識していません。

仕事として認識していないだけで、当たり前のこととして実践しています。

会社経営を今日まで続けてきた社長にとっては、あまりにも当たり前のことなので、後継者に教えることととして思い浮かばないのです。

後継者はヒトを動かすことが苦手?

先代社長が上記のようにヒトを動かすことを仕事として認識していないと、なかなか後継者にヒトの動かし方を教えてもらえません。

しかも、ヒトの動かし方といっても、先代社長のパーソナリティーと強く結びついているので、同じことを後継者がやっても、先代社長の真似をしてるとみなされてしまい、簡単にはうまくいきません。

また、先代社長は従業員を入社時から面倒を見てきて、長い年月をかけて信頼関係を築いています。

しかし、後継者は従業員よりも若く、社会人としての経験も乏しいため、先代社長と同じような信頼関係を築くことは容易ではありません。

したがって、後継者育成において、財務や税務という勉強よりも、ヒトを動かす術を身に着ける方を優先した方が良いと考えます。

誤解する後継者

後継者の中には会社を承継して社長に就任した途端、権力を振りかざして暴走してしまう方がいます。

自分が正しいと思い込み、自分の経営能力を過大評価した後継者は、矢継ぎ早に従業員に指揮命令します。

細かいことに首を突っ込んだり、従来の流れを無視して大幅に方向転換したりして、現場は混乱します。

もちろん、従来のやり方が間違っていたのなら、正しくなっているため、会社にとってプラスなことです。

しかし、現場の従業員からしますと、これまでの仕事を先代社長もろとも否定された気分ですし、後継者の意思決定が果たして正しいのか不安視しています。

信頼関係の築けていない状態ですので、後継者はワンマンな人だなと印象付けられてしまい、会社にとってプラスかどうかは関係ないのです。

つまり、後継者は社長職を引き継いだことによって、従業員との信頼関係も引き継ぎ、従業員が先代社長時代と同じように経営者についてきてくれると誤解しているのです。

誤解される後継者

一方、後継者は従業員から誤解されてもいます。

誤解という表現が適切かどうか分かりませんが、経営者としての期待値が後継者の実態とかい離してしまいます。

経営者としての期待値が高い場合

従業員は若い後継者が会社に新しい風を吹き込むことを期待しています。

何か新しいことをしてくれるのではないか、停滞した会社に活を入れてくれるのではないか、と期待しています。

このような期待を持ちますと、後継者の社長就任時に歓迎してくれます。

その一方で、期待通りの成果が出てこないとがっかりしてしまい、後継者の経営手腕を低く評価するようになります。

威勢の良いことをいう後継者はエネルギッシュで、何かやってくれそうな雰囲気があるかもしれませんが、成果の伴わないときの反動も大きくなります。

そこで、後継者には従業員に期待を抱かせると同時に心からの謙虚な姿勢を見せなければなりません。

どんなに威勢の良いことをいっても後継者一人で達成するのではなく、従業員の協力が必要です。

期待値が高いからといって決して偉そうに振る舞ってはいけません。

経営者としての期待値が低い場合

そもそも経営者として従業員から期待されていないと、まともに話を聞いてもらえません。

どうせ会社は良くならない、未熟な後継者に会社を任せるのは無理だなど、否定的にとらえてしまいますと、どんなに後継者が良いことをいっても伝わりません。

また、後継者が年長の従業員に遠慮して、的確な指示が出せずに雑務を自らこなしてしまうと、リーダーとして信頼されません。

このような場合、先代社長が間に入って調整することで解決することが多いです。
先代社長のサポートを受けながら、後継者は従業員と信頼関係を築いていきます。

ただし、先代社長があまりに出過ぎると、後継者が独り立ちできていないように見えてしまうため、適度な距離感が必要です。

なお、注意すべき点として、従業員の離反・独立を警戒しないといけません。
後継者に経営者としての期待値があまりに低いと、従業員が業界他社に転職してしまうことになります。

信頼関係の築けない人、経営理念を共有できない人は会社を去った方が良いのでしょうが、優秀な人材を失うことは会社にとって大きな痛手です。

このようなことにならないよう、後継者は先代社長と協力して、先代社長がいなければ、幹部社員と協力したチーム体制で会社を統率するようにしましょう。

後継者一人で何でもかんでも解決しようとしないことです。

>>後継者育成の専門家をお探しの方はこちら

無料相談受付中!
03-6271-0185
今すぐ、お気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に分かりやすく対応いたします。
【対応時間:9:00~18:00(月~土)】【休日:日祝日】
メールでのお問い合わせはこちらをクリック
Return Top