後継者育成サービス │ 全国対応、後継者育成の専門家が毎月訪問

後継者育成サービス

【対応地域】日本全国対応

03-6271-0185

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:日祝日

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

どの職階でも後継者が必要

どの職階でも後継者が必要

「後継者育成」というと、経営者の後を継ぐ2代目3代目や伝統工芸の職人のようなものを想起しがちです。

当サイトに置きましても、中小企業の経営者の後継者育成に焦点を当てています。

先代社長が後継者を育てないことには、会社経営が継続していかないからです。

後継者を育てなかったというその一点で、これまで培ってきた無数のモノ、一緒に汗水流した従業員がバラバラになってしまうのはもったいないと考えるからです。

しかしながら、後継者育成はなにも経営者や職人に限ったものではありません。

上司は部下を自分の後継者として育成し、先輩社員は新入社員を自分の後継者として育成していくことが必要です。

後継者を育てることで後継者が成長することはもちろんのこととして、教えた自分自身がステップアップして、新しい領域の仕事にチャレンジしたり、業務の幅を広げたりすることによって、成長することができます。

そして、一人一人の成長は会社の競争力を間違いなく強化します。

後継者育成を”仕事”として行う組織風土をつくる

後継者育成や人材育成はどちらかというと、本業(営業や製造など)から外れた傍流に属します。

また、総務や経理などの経常的な管理業務とも異なり、人事に属します。

大企業であれば、人事部など専用の部署と人員がいて、社内研修を執り行う担当者もいたりします。

しかし、中小企業では人事部などを専任者を据えることができるのは、中小企業の中でも比較的規模の大きい中堅企業に限定されるのではないでしょうか。

そのため、人事に関する事項は基本的に経営者の専権事項となります。

もちろん、採用活動や人事異動などは経営者も意識的に意思決定しています。

一方、人材育成はついつい後回しにされがちですので、会社によってはほとんど手付かずという場合もあります。

従って、経営者自身が率先して後継者を育成する姿勢を見せない限りは、会社として人材育成の優先順位が上がりません。

経営者が後継者を本気で育成していれば、従業員に対してそれぞれの後継者を育成するように指示することに説得力がありますよね。

人を育成することは自分の代わりを作ること

皆さん、心身ともに健康でしょうか。

仕事をするときの暗黙の前提は、心身ともに健康であることです。

心身が不健康にも拘らず、無理矢理働かせることはできません。

しかし、いつ怪我をするか、いつ病気になるかなんて誰にも分かりません。

その「いつ」が今日だったら、どうでしょうか。

あなたの仕事を代わって引き継いでくれる人はいますでしょうか。

あなたしか知らないこと、あなたにしかできないことがたくさん思い浮かぶのではないでしょうか。

このような不測の事態に陥っても、あなたの後継者が育っていれば、心強いものです。

もちろん、怪我や病気もしないことに越したことはありません。

でも、怪我や病気をしないにしても、後継者が育っていれば、以前と比べて最低でも2倍の戦力になっていますよね。

得意分野はダントツに、苦手分野はそこそこに

後継者育成や人材育成の際に、苦手分野の克服をテーマにする方がいます。

確かに、個々人の課題として苦手分野の克服は必要かもしれません。

でも、大人になってから、苦手分野を克服することは容易ではありません。

しかも、苦手分野を克服したからといって、会社の売上や利益獲得にどれだけ貢献するかといえば、ほとんど期待できません。

それよりも、個々人の得意分野をダントツ社内イチにまで伸ばすことを優先すべきです。

社内イチの分野は、そのまま会社の競争力の一端を担っています。

そして、社内イチの人は社内で講師役となり、他の人を指導することができ、会社全体の底力を向上させることができます。

どの人にも社内イチの得意分野を持っています。

入社したての新卒社員であっても、若者の流行りやスマホのアプリに関しては社内イチかもしれません。

若者の流行や関心を経営者や先輩社員が学ぶことで、次の採用活動につながるかもしれませんよね。

>>後継者育成の専門家をお探しの方はこちら

無料相談受付中!
03-6271-0185
今すぐ、お気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に分かりやすく対応いたします。
【対応時間:9:00~18:00(月~土)】【休日:日祝日】
メールでのお問い合わせはこちらをクリック
Return Top