後継者育成サービス │ 全国対応、後継者育成の専門家が毎月訪問

後継者育成サービス

【対応地域】日本全国対応

03-6271-0185

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:日祝日

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

安売りはプロ意識の低下を招く

安売りの誘惑

どうしても自社の商品やサービスを売りたい。

あなたはこの時どうしますか?

様々な対策が考えられますが、値引きしようかなと考えることもあると思います。

でも、ちょっと待ってください。

その値引きは会社にとって正しい判断だったのでしょうか。

確かに値引きすることによって、その商品やサービスは販売できたかもしれません。

一時的な売上目標は達成できたとも言えます。

しかし、値引きすることで自社の利益を圧迫するのであれば、値引き販売は自分で自分の首を絞める結果となることでしょう。

値下げの功罪

値下げ販売することによって、販売数量を確保することはできるかもしれません。

しかし、顧客からしますと、値下げするということは、もしかしたら品質が低い商品・サービスなのかもしれないとの認識を与えてしまいます。

「安かろう悪かろう」の認識を一度持たれてしまうと、そのイメージを払拭するのは容易ではありません。

また、値下げ販売で獲得した顧客は、より低価格の商品・サービスが登場しますと、瞬く間により低価格の方に移行してしまいます。

顧客・消費者が商品・サービスを購買する要因として価格は非常に重要なものですが、価格だけで判断しているヒトを追いかけると会社の体力を激しく消耗してしまいます。

そして、一度、値下げしたものは中々値上げしにくいものです。

自社の考える適正価格よりはるかに低く値下げ販売してしまいますと、会社にとってのメリットは無くなります。

社内に与える影響

値下げ販売が会社に与える影響は、何も売上に限ったことではありません。

あなたの会社で働くヒトのモチベーションを下げてしまいます。

自分たちの仕事の結果、出来上がった商品やサービスが市場で安値で取引されている場合と、高値で取引されている場合のどちらがモチベーションが上がるでしょうか。

価格は市場における需要と供給のバランスで決まると考えられますので、高値で取引されていれば、その高い金額を払ってでも購入したいという需要があることを示しています。

自分たちの仕事に対して高い金額を払ってくれるって、単純に嬉しくありませんでしょうか。

そして、次、もっと良い仕事をして、その高い期待に応えようと思いませんでしょうか。

反対に、安値で取引されている場合、一個当たりの単価が安いのでたくさん作ってたくさん販売しないと利益を確保できません。

大量生産大量販売をしようとしますと、従業員は連日、同じような作業を大量にこなさないといけません。

しかし、忙しく働いても、その仕事に対して安い価格でしか買ってもらえないのは悲しいですよね。

忙しく仕事をする中にも、目標となることがあれば乗り越えられますが、大量の仕事をこなすことが目的になってしまいますと、仕事に対するモチベーションは上がりません。

価格設定とプロ意識

価格設定を高くし、高級路線を目指すと、その分、品質も接客も清掃も一つ一つ気を抜くことができません。

高値の商品やサービスを提供するに相応しい会社になろうと、それぞれの従業員が高いプロ意識を持ちます。

一方、安易に安値で販売してしまいますと、このようなプロ意識は持てなくなります。

このように書きますと百均はどうなのかと気になりますね。

百均は100円で販売することにこだわった業態です。

そして、100円なのに100円以上の価値があるものを販売しているからこそ、これだけ支持を得ています。

百均は売れないからといって80円や50円に値下げして販売していません。

価値ある100円に誇りを持っています。

つまり、安易な安値が問題なのは、単純に価格の高低ではなく、その商品やサービスの本来の価値よりも安く販売してしまうことで、プロ意識も低くしてしまうことにあります。

>>後継者育成の専門家をお探しの方はこちら

無料相談受付中!
03-6271-0185
今すぐ、お気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に分かりやすく対応いたします。
【対応時間:9:00~18:00(月~土)】【休日:日祝日】
メールでのお問い合わせはこちらをクリック
Return Top