後継者育成サービス │ 全国対応、後継者育成の専門家が毎月訪問

後継者育成サービス

【対応地域】日本全国対応

03-6271-0185

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:日祝日

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

今、伸びている分野はチャンスか?

今、伸びている分野はチャンスか?

今、伸びている分野として何が思い浮かびますでしょうか?

AI(人工知能)?ドローン?自動運転車?宇宙事業?

いずれも、ニュースで話題となる分野ですよね。

確かに、将来的に上記の分野は市場として発展していくものと思われます。

では、それらの分野が発展するからといって、あなたの会社にとってチャンスなのでしょうか?

あなたの会社が上記の分野について知見を有し、経験豊富で、特殊な技術をもっていれば、チャンスと言えるでしょう。

しかし、そのように経験豊富な事業者はすでに当該分野に参入し、業界を引っ張っています。

従って、未参入の事業者が今、話題の伸びている分野にこれから参入するからには、すでに参入し、業界を引っ張っている先輩事業者を上回る何かがないと生き残ることができません。

また、その分野について、社内体制はどの程度準備できていますでしょうか。

社内のヒト・モノ・カネ・情報をどれだけ、その新たな分野に割くことができますでしょうか。

新たな分野に参入することで元々の本業に与える影響はありませんでしょうか。

話題性だけに飛びついて、新たな分野に参入するには、きちんとした勝算がないとお勧めできません。

自社の得意分野を見つめなおす

伸びている分野というのは、時代とともに移ろうものです。

そのため、ある分野が伸びているからといって、全てがすべて自社に関係するわけではありません。

と同時に、全てがすべて自社と無関係でもありません。

中には自社と関係のある分野が伸びている場合もあります。

それでは、自社との関係の有無はどうすれば分かるのでしょうか。

まず、自社が得意としている分野は何があるのか洗い出しましょう。

この得意分野は、世界一や日本一とまではいかないが、この地域ではナンバーワンという項目で構いません。

また、特定のお客様にはとても高い評判を得ているといったものでも構いません。

言うなれば、自社の商品やサービスを買っていただいている理由が即ち、得意分野といえます。

伸びている分野と自社のノウハウの関連性に着目する

次に、ある分野が伸びることによって、ヒト・モノ・カネ・情報の流れにどのような変化が起きるかに着目します。

ヒトの動きにどのような変化が起きるでしょうか。

もちろん、特定の技術職の求人が活発になります。

ということは、その会社の周辺に生活拠点を移す方が増えるかもしれません。

あるいは、その特定のスキルを学ぼうとする人が増えるかもしれません。

また、伸びている分野は市場自体の成長途中のため、各社、投資活動が積極的になります。

そのため、どのようなモノが必要とされるのかイメージすることが大事です。

もちろん、物流という観点でもどのような影響があるのかを見極める必要があります。

ネット通販の普及に伴い、宅配業者が悲鳴を上げていることはご存知の通りです。

カネの流れは何も金融業に限った話ではありません。

伸びている分野に人材を派遣する会社も投資活動に関連した工事案件を受注した会社にもカネは流れていきます。

そのように派生した会社に着目することも大事です。

情報の流れは、その伸びている分野のノウハウを別の市場に展開することで、新しい市場が開かれることです。

例えば、ドローンの技術は広大な農地の管理への応用が期待されています。

そうしますと、農業という分野にもドローンきっかけに自社のノウハウを活用できないでしょうか。

大事なことは、伸びている分野に直接、自社で参入しなくても、その伸びている分野の周辺分野に自社の強みを関連させることはできないか、という視点で捉えることではないでしょうか。

>>後継者育成の専門家をお探しの方はこちら

無料相談受付中!
03-6271-0185
今すぐ、お気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に分かりやすく対応いたします。
【対応時間:9:00~18:00(月~土)】【休日:日祝日】
メールでのお問い合わせはこちらをクリック
Return Top