後継者育成サービス │ 全国対応、後継者育成の専門家が毎月訪問

後継者育成サービス

【対応地域】日本全国対応

03-6271-0185

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:日祝日

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

先代社長の心構え

先代社長の心構え

中小企業が事業承継を行うにあたって、先代社長の心構えは非常に重要です。

まず、一般的に事業承継に関する話題は、社長自ら持ち出すのがベストです。

幹部社員や後継者、顧問税理士、金融機関の担当者などから社長に事業承継を進めても、「私に社長を辞めろというのか!」と受け止められてしまい、激昂されてしまうことがあります。

社長自身が「生涯現役」とか、「まだまだ若い人には負けない」などと意欲的である限り、周囲の人から事業承継の話題を持ち出すことはタブー視されてしまいます。

しかし、どんなに元気な社長であっても、いつの日か事業承継をしないことには会社は続いていきません。

その「いつの日」を決めるのも社長の大事な仕事です。

仕事に関してはいつも鶴の一声でズバズバと意思決定しているのに、事業承継に関してはモゴモゴしてしまいます。

ここはひとつ、ビシッと「○○年からA氏に社長職をお願いした」と宣言したいものです。

先代社長が恐れていること

社長は仕事一筋でこれまで頑張ってきました。

自分の人生を振り返ると仕事一色です。

そのため、社長を退いた自分の姿を明るいイメージで想像できません。

先日、「仕事だけが人生じゃない」でも書きましたが、仕事以外にも夢中になれるものがないと、社長職を後進に譲りたいという気持ちが生まれてきません。

そのため、健康状態が悪化したり、物忘れがひどくなったりして、現場に迷惑をかけるようになってから、仕方なく、社長職を後進に譲るケースもあります。

社長本人としてはギリギリのところまで頑張ったのでしょうが、会社の顔ともいえる社長がそのような状態では社内の士気も停滞してしまいます。

このような結果は社長の望んだものではないと思います。

ですので、社長は前向きに事業承継を捉えて、早めに行動に移さなければなりません。

もう一つ恐れていること

実は、社長にはもう一つ恐れていることがあります。

それは、これまでの会社経営の中で起きた出来事のうち、隠しておきたいことが明るみに出てしまうことです。

合理的な説明のつかない取引、いわくつきの契約、縁故入社させたものの働かない従業員など、社内のほとんどみんな知ってはいるものの、社長命令の案件であるため、誰も制止できません。

私も中小企業の経営支援をする中で、事業との関連性のない不動産や有価証券があったり、役員に対する貸付金が膨れ上がったり、親族や知人の経営する会社との取引が継続的に赤字だったりなどを発見することがあります。

負の遺産とか膿と表現されるようなものですね。

このような負の遺産は、事業承継を実施する前に、社長自身の手できれいさっぱり一掃したいものです。

社長自身で出来なければ、後継者がするまでです。

後継者の覚悟

事業承継をした後に、後継者が社内にある負の遺産に気付くことがあります。

その時、後継者は旧弊を打破するため、時には先代社長と激しく対峙することも辞さない覚悟が必要です。

会社に負の遺産がありますと、その負の遺産が足枷となり会社の成長力が失われてしまいます。

また、負の遺産に縛られている会社には優秀な人材が集まりません。

合理的でない、理不尽な悪しき慣習の蔓延している会社には、悪習に染まった人しか残りません。

そこで、後継者が負の遺産を一掃し、社内体制を一新する新しい風を吹き込みます。

そうしますと、社内外から後継者の登場によって、あの会社は生まれ変わったと評判になるほど、良い会社になれるでしょう。

ただし、急激な変革は痛みも伴います。

後継者自身が先代社長の負の遺産を一掃する際には、相当の覚悟を持って臨みましょう。

>>後継者育成の専門家をお探しの方はこちら

無料相談受付中!
03-6271-0185
今すぐ、お気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に分かりやすく対応いたします。
【対応時間:9:00~18:00(月~土)】【休日:日祝日】
メールでのお問い合わせはこちらをクリック
Return Top