後継者育成サービス │ 全国対応、後継者育成の専門家が毎月訪問

後継者育成サービス

【対応地域】日本全国対応

03-6271-0185

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:日祝日

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

PDCAの順番にとらわれない

PDCAサイクルとは

PDCAサイクルはすでに多くの方がご存知のことと思われます。

改めて、おさらいしますと、PDCAとはPlan(計画を立てる)、Do(実行する)、Check(評価する)、Action(改善する)の頭文字を並べたものです。

そして、PDCAサイクルとは、P→D→C→Aの順番で、計画を立て、実行し、評価したうえで、計画を改善する一連の流れを言います。

この一連の流れを繰り返すことによって、品質の維持・向上および継続的な業務改善活動を推進していくことができます。

似たような言葉にPDSというものがあります。
こちらは、Plan、Do、Seeの頭文字を並べたものです。

たぶん、その道の専門家に言わせると意味が異なるのでしょうが、私には、Check & Actionの部分がSeeに置き換わったと捉えても、実務上、大きな影響がないと感じます。

多くの会社で取り入れられているPDCA

このPDCAサイクルは多くの会社で取り入れられています。

「経営改善計画」「事業計画」「新商品販売計画」「新規出店計画」など、「○○計画」と名の付くものの着実な計画の実行と管理を目的として導入されています。

確かに正しくPDCAサイクルを運用することができれば、高い効果が得られるものと考えます。

でも、この正しく運用するって難しいですよね。

PDCAサイクルに限らず、経営改善に関する新しい考え方や横文字のマネジメント手法など、それなりに良さそうなモノが次から次へと出てきますが、実践に移すことは容易ではありません。

PDCAサイクルの本当の目的は?

PDCAサイクルの本当の目的は何でしょうか。

経営改善、具体的には売上の増加や利益の獲得などが本当の目的ですよね。

その目的を達成するための手段としてPDCAサイクルを活用します。

従って、PDCAサイクルを回すことは本当の目的ではありません。

さらに、PDCAサイクルを回すために一生懸命、時間と労力をかけて計画を作ることは、本当の目的からさらに遠ざかっています。

にも拘らず、多くの会社では、PDCAサイクルを回すための計画作りに四苦八苦しています。

計画を作ることはそんなに最優先すべきことなのでしょうか。

PDCAはサイクルだから、順番はPからとは限らない

PDCAサイクルはPlan→Do→Check→Actionと説明しました。

この説明によって、PDCAサイクルはPlanから始まるものと認識されています。

しかし、PDCAサイクルなのですから、DCAPでもCAPDでもAPCDでも順番は構いません。

DCAPの場合、計画を作らないまま、とりあえず実行します。
もし、現時点で計画を作っていないのであれば、すでに何らかの事業活動を実行していますよね。

その実行結果を評価し、改善策を検討することで、初めて計画を作っても良いのです。

また、CAPDの場合、例えば、昨年の決算書を評価して、改善策を検討してから、計画を作って実行に移します。

さらに、APDCの場合、認識している問題点の改善策を検討し、その検討結果を反映した計画を作り、実行し、評価します。

つまり、PDCAサイクルはPDCAを何度も何度も繰り返し行うため、どこから始めても、繰り返し実行する限り、その効果に差はありません。

ということは、必ずしも最初に計画を作らないとPDCAサイクルを行うことができないわけではないので、一生懸命作らなくても構わないことになります。

最初はいい加減な計画であったとしても、PDCAサイクルを回すうちに充実した内容の計画に進化していくため、初めからちゃんとした計画を作る必要はどこにもありません。

極論を言えば、現在、計画がなくても、PDCAサイクルを回し始めることはできます。

難しく考えず、とりあえずやって行きながら、少しずつ改善していけば良いのです。

PDCAサイクルの期間を短くする

PDCAサイクルが上手くいかない要因がもう一つあります。

それはPDCAサイクルの期間です。

多くの会社で年間ベースの計画を作ります。

一年間は長いです。

一年分の計画を作るのにも時間がかかりますし、実行するためにもちょうど一年間掛かります。
また、評価するにも改善策を検討するのにも時間がかかります。

実行前後の計画・評価・改善に時間を要しているうちに、どんどん時間は過ぎていきます。

これだと、PDCAサイクルの効果をいつになったら実感できるのか分かりません。

そこで、1カ月間とか1週間とか、短いスパンでPDCAサイクルを回してはどうでしょうか。

もし、1ヵ月で1回PDCAサイクルを回すことができれば、1年間で12回も計画を改善させることができます。
1週間で1回PDCAサイクルを回すことができれば、1年間で52回も計画を改善させることができます。

1年間に1回しかPDCAサイクルを回す場合と比較すれば、その差は歴然です。

是非、短い時間でPDCAサイクルを回してください。

>>後継者育成の専門家をお探しの方はこちら

無料相談受付中!
03-6271-0185
今すぐ、お気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に分かりやすく対応いたします。
【対応時間:9:00~18:00(月~土)】【休日:日祝日】
メールでのお問い合わせはこちらをクリック
Return Top