後継者育成サービス │ 全国対応、後継者育成の専門家が毎月訪問

後継者育成サービス

【対応地域】日本全国対応

03-6271-0185

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:日祝日

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

ファイブフォース分析とは?

ファイブフォース分析とは

ファイブフォース分析とは、ポーターが提唱した業界環境を分析するフレームワークです。
ファイブフォースとは、「新規参入の脅威」、「既存業者間の敵対関係」「売り手(仕入先)の交渉力」「買い手(販売先)の交渉力」「代替品の脅威」のことです。
5つの要因に着眼して分析することで競争環境を整理することができ、それぞれの脅威に対してどのように対応するか検討することができます。
ファイブフォース分析に限った話ではありませんが、一つの分析手法で万事上手くいく手法などありません。
各分析手法の効果と欠点を理解したうえで、一つの参考情報として経営判断に役立てていただけたらと思います。

5つの要因

さて、5つの要因の内容と対応策を簡単に整理しますと以下のようになります。

新規参入の脅威

内容

市場に参入しやすい、即ち、参入障壁が低い場合、脅威は大きくなります。
参入障壁とは、巨額投資の必要性、独自の技術、販路確保の困難性などがあります。

対応策

参入障壁を高くすると脅威を低下させることができます。
具体的には業界標準をとったり、政府の認定を受けたり、新たな技術を開発したりして、容易に模倣できないようにすることです。

既存業者間の敵対関係

内容

既存業者の数が多い場合や商品が同質化した場合、撤退障壁が高い場合、脅威は大きくなります。
撤退障壁とは、事業から撤退する際に負担しなければならない費用が大きいことです。
基本的に一定規模の市場には多くの企業が参入しているため、どの市場も競争が厳しいです。
競争の緩い市場は、衰退市場あるいは発展途上の市場です。

対応策

商品が同質化している場合は商品品質の差別化を図る必要があります。
また、既存業者の数が多い場合、水平的合併による規模の経済性の追求や、異業種との提携により差別化を図ることにより、脅威を低減できます。

売り手(仕入先)の交渉力

内容

ある仕入先の材料がないと製品が製造できない場合、売り手の交渉力は大きくなります。
また、売り手の数が少ない場合も売り手の交渉力が大きくなります。

対応策

代替材料を用いた製品開発を用いると、売り手の交渉力の脅威を軽減できます。
以前、中国がレアアースの輸出を制限した際、日本企業はレアアースを使わない製造方法を開発したため、脅威を取り除くことができました。
また、同業他社と協力して共同購入することにより、売り手の交渉力に対抗することができます。

買い手(販売先)の交渉力

内容

同質化された商品が多数ある場合や特定の買い手に対する売上が自社の売上の大半を占める場合には、買い手の交渉力は大きくなります。
また、買い手にとって、取引先を変えるコストが安い場合も買い手の交渉力は大きくなります。

対応策

買い手にとって必要な機能を強化し、自社が買い手にとってなくてはならない存在にすることで買い手の交渉力に対抗することができます。

代替品の脅威

内容

代替品をどのように定義するかは任意ですが、例えばBtoCの業界ですと、消費者の財布を中心として代替品を検討すると良いです。
具体的には東京ディズニーランドの場合、同業他社がテーマパークで代替品がレジャーや旅行、ゲーム、映画など休日に何をして過ごすかという意味で多くの代替品の脅威が存在します。

対応策

代替品は技術革新や消費トレンド動向等、世の中の動きに敏感でなければなりません。
新しい技術を自社も取り入れることができれば、脅威はなくなりますし、消費トレンドをいち早くつかめば、引き続き競争上の優位を獲得できます。

>>後継者育成の専門家をお探しの方はこちら

無料相談受付中!
03-6271-0185
今すぐ、お気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に分かりやすく対応いたします。
【対応時間:9:00~18:00(月~土)】【休日:日祝日】
メールでのお問い合わせはこちらをクリック
Return Top