後継者育成サービス │ 全国対応、後継者育成の専門家が毎月訪問

後継者育成サービス

【対応地域】日本全国対応

03-6271-0185

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:日祝日

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

安全性分析とは?

1.安全性分析

安全性分析とは、会社の支払能力や財務上の安全面を分析することです。
具体的には以下のような指標があります。

  • 流動比率
  • 当座比率
  • 固定比率
  • 固定長期適合率
  • 自己資本比率
  • インタレストカバレッジレシオ

2.流動比率

1年以内に支払い義務のある流動負債に対して1年以内に現金化できる流動資産がどの程度確保できているかを示す指標です。
算定式は以下のとおりです。

流動比率

流動比率は理想的には200%以上、最低限100%以上必要です。流動比率が100%以上ということは、1年以内に債務を支払う能力を有していることを意味します。

3.当座比率

流動資産よりも回収可能性の高い当座資産を用いて、厳密に会社の支払能力を評価する指標です。
算定式は以下のとおりです。

当座比率

当座比率は100%以上であることが望まれます。ここで、当座資産とは現金及び預金+受取手形+売掛金+有価証券の合計で求められます。
なお、受取手形及び売掛金については貸倒引当金を控除した金額を用います。

流動資産と当座資産の大きな違いは棚卸資産を含むか含まないかです。
棚卸資産は在庫として流動資産を構成しますが、当座資産には含みません。
なぜなら、棚卸資産は現金取引を除いて、販売後、売掛金となり回収期日を迎えて初めて現金となるため、まだ販売されていない在庫は回収可能性が高いとは言えないからです。

従って、流動資産が200%以上あったとしても、当座比率が100%未満の場合は、過剰在庫で資金ショートしてしまう可能性が高いです。

なお、この売掛金及び棚卸資産の回収サイトについてはCCCについても併せてご参照ください。

4.固定比率

固定比率は、1年超用いる固定資産が、返済義務のない自己資本によってどの程度賄われているかを示す指標です。
算定式は以下のとおりです。

固定比率

固定比率は低いほど財務上安全ということができます。

例えば、工場を建設する際、自己資本の範囲内で投資を行いますと、固定比率は100%を下回ります。
一方、自己資本を超えて投資を行う場合、金融機関から融資を受けますので、分母の自己資本以上に固定資産が大きくなり、固定比率は100%を超えてしまいます。

どちらが、財務上安全かは一目瞭然ですね。

5.固定長期適合率

固定長期適合率は、1年超用いる固定資産が長期資本(自己資本+固定負債)によってどの程度賄われているかを示す指標です。
算定式は以下のとおりです。

固定長期適合率

上記の固定比率で、自己資本を超えて投資を行う場合を示しましたが、多くの会社で大規模投資を行う際に、金融機関からの融資を受けて投資するのが通常だと思います。
大型の投資ですと、10年や15年、与信状況によっては20年、30年超の返済期間の融資を受けることができます。
この金融機関からの融資と自己資本の合計である長期資本と投資した固定資産とのバランスを見る指標です。

指標の目安として、固定長期適合率は100%以下であることが必要です。
とりわけ、償却性資産の場合、減価償却の期間と債務の返済期間が近似しているケースが多いため、100%以下を保つことが正常な経営をしている一つのサインです。

また、大型の投資を活かして利益を獲得しますと自己資本が増強されますので、年々、分母である自己資本は増えていくはずです。
そうすると、固定長期適合率は100%を下回るはずです。

反対に固定長期適合率は100%を超え続けていますと、その投資自体を見直し、戦略を再考しなければならないケースもあるかもしれません。

6.自己資本比率

自己資本比率は、総資本に占める自己資本の割合を示す指標です。
算定式は以下のとおりです。

自己資本比率

自己資本比率は高い方が財務の安全上、望ましいです。

一方で、自己資本のみで投資活動を行いますと、上場して出資を募る場合を除いて、会社の成長スピードを上げることが難しい場合があります。
自己資本を増強することだけを重視しますと、ビジネスチャンスを逃してしまう場合もありますので、柔軟に考えましょう。

7.インタレストカバレッジレシオ

インタレストカバレッジレシオは、事業利益(営業利益+受取利息及び受取配当金)が支払利息などの金融費用の何倍であるかを示す指標です。算定式は以下のとおりです。

インタレストカバレッジレシオ

インタレストカバレッジレシオは高い方が望ましいです。
仮に、インタレストカバレッジレシオが1.0倍ですと、損益計算書における経常利益がゼロということですので、非常に厳しい状況です。

>>後継者育成の専門家をお探しの方はこちら

無料相談受付中!
03-6271-0185
今すぐ、お気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に分かりやすく対応いたします。
【対応時間:9:00~18:00(月~土)】【休日:日祝日】
メールでのお問い合わせはこちらをクリック
Return Top