後継者育成サービス │ 全国対応、後継者育成の専門家が毎月訪問

後継者育成サービス

【対応地域】日本全国対応

03-6271-0185

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:日祝日

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

資本利益率とは?

資本利益率

資本利益率とは、投下した資本を用いてどれだけ効率的に利益を獲得したかを表す指標です。

代表的な資本利益率は以下の4つです。

  • 総資本経常利益率
  • 総資本事業利益率
  • 経営資本営業利益率
  • 自己資本利益率

総資本経常利益率

総資本経常利益率は以下の式で算定できます。

総資本経常利益率

名前のとおり、経常利益を総資本で除して求めます。
ここで、経常利益は損益計算書上の経常利益を用い、総資本は貸借対照表の負債の部と純資産の部の合計額を用います。

意味は総資本を用いていくら経常利益を獲得できたかの割合です。
この指標は高ければ高いほど良いです。

総資本事業利益率

総資本事業利益率は以下の式で算定できます。

総資本事業利益率

名前のとおり、事業利益を総資本で除して求めます。
ここで、事業利益とは、損益計算書上の営業利益に受取利息及び受取配当金を加えたものです。
総資本は貸借対照表の負債の部と純資産の部の合計額を用います。
意味は総資本を用いていくら事業利益を獲得できたかの割合です。

経常利益と事業利益の違いは営業外費用を考慮するかしないかです。

営業外費用は総資本のうち負債の部に対応した費用ですが、純資産の部に対応した配当金を含みません。
そのため、経常利益を分子にしますと分母と対応しないため、指標としての意味がぼやけてしまいます。

そこで、営業利益に受取利息及び受取配当金を加えた事業利益を分子としています。

この総資本事業利益率のことをROA(Return On Assets)といい、経営指標としてよく用いられます。
この指標も高ければ高いほど良いです。

ちなみに、意味がぼやけてしまう総資本経常利益率ですが、決算書の詳細が分からなくても、経常利益と総資本さえ分かれば算定できますので、競合他社と比較しやすいというメリットがあります。

経営資本営業利益率

経営資本営業利益率は以下の式で算定できます。

経営資本営業利益率

名前のとおり、営業利益を経営資本で除して求めます。

ここで、営業利益は損益計算書上の営業利益を用います。
経営資本とは、総資本のうち、会社が本業に使用している資本のことであり、流動資産と固定資産の合計額から建設仮勘定及び投資その他の資産の合計額を引いて求めます。

意味は実際に本業に使用している資本に対して、いくらの割合で営業利益を獲得できたかを表します。
この指標も高ければ高いほど良いです。

自己資本利益率

自己資本利益率は以下の式で算定できます。

自己資本利益率

当期純利益を自己資本で除して求めます。

ここで、当期純利益は損益計算書上の当期純利益を用い、自己資本は貸借対照表の純資産の部から新株予約権を控除した金額を用います。

意味は、株主が自分で出資した資本を元手にいくらの利益を獲得できたかを表します。
この指標も高ければ高いほど良いです。

あなたの会社の上記指標はいくらになりますでしょうか?

プラスかマイナスかは計算結果ですぐに分かりますが、あなたの会社の業界でいくらぐらいが平均なのか、優良企業はいくらぐらいなのか分からないと、指標を計算しても分析できませんよね。

指標の計算はあくまでツールですので、上手に活用することが大事です。

>>後継者育成の専門家をお探しの方はこちら

無料相談受付中!
03-6271-0185
今すぐ、お気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に分かりやすく対応いたします。
【対応時間:9:00~18:00(月~土)】【休日:日祝日】
メールでのお問い合わせはこちらをクリック
Return Top