後継者育成サービス │ 全国対応、後継者育成の専門家が毎月訪問

後継者育成サービス

【対応地域】日本全国対応

03-6271-0185

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:日祝日

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

相続税の計算の仕方は?

1.相続税計算の基本的な流れ

相続税が発生する場合、財産評価及び相続税の計算は税理士に依頼する方が確実ですが、申告書を把握するために計算方法の概要を理解しておいて損はありません。
そこで、以下のケース・スタディを見ていきましょう。

2.妻及び子が相続人であるケース

相続人は妻と子2人で、「相続財産」の取得及び「債務・葬式費用」の負担は次の表のとおりとします。

相続財産

【課税価格の合計額の計算】

11,500万円+5,000万円+3,000万円=19,500万円

【課税遺産総額の計算】

課税価格の合計額19,500万円から、遺産にかかる基礎控除額4,800万円(※)を差し引いた金額、14,700万円が課税遺産総額となります。
課税遺産総額:19,500万円-4,800万円=14,700万円
(※)基礎控除額:3,000万円+(600万円×3人)=4,800万円

【相続税の総額の計算】

課税遺産総額

【各人の納付すべき相続税額の計算】

相続税額の計算

3.孫への遺贈もあるケース

相続人は妻と子1人で、孫への遺贈もある場合において、「相続財産」の取得及び「債務・葬式費用」の負担は次の表のとおりとします。

相続財産2

【課税価格の合計額の計算】

11,500万円+5,000万円+3,000万円=19,500万円

【課税遺産総額の計算】

課税価格の合計額19,500万円から、遺産にかかる基礎控除額4,200万円(※)を差し引いた金額、15,300万円が課税遺産総額となります。
課税遺産総額:19,500万円-4,200万円=15,300万円
(※)基礎控除額:3,000万円+(600万円×2人)=4,200万円

【相続税の総額の計算】

課税遺産総額2

【各人の納付すべき相続税額の計算】

相続税額の計算2

4.<参考>相続税の速算表

ご参考までに相続税の税率と控除額は以下のとおりです。

相続税の速算表

>>後継者育成の専門家をお探しの方はこちら

無料相談受付中!
03-6271-0185
今すぐ、お気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に分かりやすく対応いたします。
【対応時間:9:00~18:00(月~土)】【休日:日祝日】
メールでのお問い合わせはこちらをクリック
Return Top